悪路
ハバロフスクを出発して間もなく大きな橋を渡る。
アムール川だ。この付近の道路は驚くほど良い。
しかし喜ぶのは早かった。ビロビジャンという町を
でてからは、砂利道と泥道が延々と続く。わだちを
うまく通らないと、ハンドルを取られてたちまち転ん
でしまいそうだ。車はめっきり減り、時々地平線
の向こうから砂埃をあげて、車がちかづくのが見
える。バイクも顔も真っ白になった。
左の写真は道路工事の現場で、全体を掘り繰り
返している。車両の通る場所など確保していない。
適当に自己責任で通ってくれ、と言ったように誰も
誘導する人は居ない。
こんなモトクロス場のような道が数キロも続いた。
延々と続く砂利道
 夜は10時過ぎまで明るいので、8時まで走った。
延々と続く砂利道と悪路を今日一日で600KM走
った。顔は埃で真っ黒になっていた。
私は壊れた工場の跡地で、キャンプを張った。
煉瓦造りの広い工場跡で、何の工場だったのか
すごく気味の悪い場所だったが、疲れていたのか
直ぐに寝入った。
モンゴルへ向かう英国人の旅行者と
彼らは幼少の頃からの仲良しで、2台のホンダの
オフロードバイクでニュージーランドからの帰りだ
と言う。方向が途中まで一緒だったので、しばらく
一緒に走り、夕食を共にした。
その後一人がパンクをしたので修理を手伝った。
彼らと別れた後、その後2度も再会した。
シベリア鉄道に乗る駅で再開し、私達は惨たんた
る思いをし「ロシア」を思い知らされた。
しびれを切らした彼らは、一緒にキャンプした翌
朝、一つ先の駅まで走ると言った。無事に貨物列
車に乗ることが出来ただろうか?
私はもう一日、この駅で頑張ってみる事にした。
やっと乗れたシベリア鉄道  6月9日
”シマノフスカヤ”の先からは道がない。道路が
出来るのは数年先だそうだ。ここからバイクと共
にシベリア鉄道に乗ら無ければらない。しかしこ
れが簡単にはいかなかった。
日本からの中古自動車が100台以上、延々と
数日間待ち続けている。貨物ではバイク一台を
積むと、車一台分のスペースが無くなるので誰
も譲ってはくれない。途方に暮れ。
まる一日が過ぎてしまった。その夕方、前日の
英国人、トムとオリに再開した。彼らの買ったバ
イクと乗客の切符は、結局使う事は出来なかっ
た。ロシアという国はなんたる国だと、彼らは悔
やんでいた。
私は翌日、一人で再度この駅でトライし続けた。
すると一人の男が近づいてきて、貨車一両を予
約しているので、車の間に積んでやるという。
私はその男に$250払った。バイクと共に貨車
に乗った2日間(1,000KM)、私は7人位のロシア
人から食事を頂き、大変お世話になった。
こんなところでも、人の優しさにふれた。
70以上の車両がつながるシベリア鉄道
 これは私が乗った貨車の自動車の屋根から
写した写真だ。日本ではこんな事は絶対出来
ないが、ロシアでは保線夫が手を振ってくれる。
70以上の車両がつながると、日本では隣の駅
まで届きそうなくらい長くなる。
私の乗った貨物列車は上の写真のように台車
だけなので、二日間野ざらし吹きさらしで、小便
はそのまま車外へ、しかし大便はそうはいかな
い。列車が止まった時、いつ発車するか分から
ないわずかな時間で、貨車の下に潜って用を
足すほかなかった。
列車は駅以外でも何度と無く止まり、客車が優
先する。移動する時は常に何かにつかまってい
ないと、ブレーキや発進の衝撃で振り落とされ
そうになる。危険きわまりない。
こんな状況を今の日本では絶対経験出来ない。
生きるためのサバイバルだ。