日本へ向かうスイス人夫婦と
 イルクーツクを出ると高速道路並みの道になる。
しかし驚くべき、中央分離帯には牛が入って草を
食んでいる。大きな町以外は、牛馬が自由に歩き
回っていて道路は糞だらけだ。
高速道路並みの道に喜ぶのもつかの間、その直
ぐ延長線の先にはまだ木造の狭い橋が架かって
いた。そして定番の砂利道。しばらく走った砂利道
で、スイス人夫婦の2台のBMW F650と出会う。
彼らは私と反対方向で、日本迄行くと言う。
既にここまで3ヶ月かかっていると言った。
お互いの知る道路状況などの情報を交換をした
後、村の子供にシャッターを押してもらった。
4人乗りのウラルサイドカー
 食事の時は必ず、見える場所にR50を止める。
このカフェはこれまでになくきれいな店であった。
私が食事を終えて表に出ると、ウラルサイドカー
に4人乗った家族が来た。 
ウラルのエンジンを見ると、何とサイドバルブで
はないか。まだまだこんなバイクや車が、ロシア
はどんどん普通に走っている。
だから一日道路を走ると、エンコした車を良く見
かける。皆自分たちで修理しているようだ。
雨上がりのぬかるみで転倒
 夕方、雨が降りそうになった。私は道路の左右
を見ながら、何かの工場跡地の崩れかけた建物
を見つけた。ロシアにはこういった廃虚の建物を
時々見る。私はここを今夜の宿に決めた。
翌朝、私はこの建物から出て、直ぐにこの写真
のありさまに陥った。雨で予想以外のぬかるみ
になっていた。ロシアの土は赤土に近く、雨に
よって粘土状になる。
私は重い荷物のため、バイクを起こす事が出来
ず、全ての荷物を降ろして再び走る。しかし赤土
が前輪に絡まって回らなくなる。
素手で泥を取り除き、走ると10mで又回らなく
なる。これを繰り返している内、わだちにハンド
ルを取られ、道路脇の草地に落ちた。
万事休す、もう少しで沼に落ち込むところだ。
道路へは段差で後輪が空転してどうしても上が
れない。私は先の方に見える道路の車両に向
かって「ヘルプミー」を連発し手を振った。
そして置いてきた荷物を泥だらけになりながら、
何度か往復してそこまで運んだ。
助けてくれた少年
 しばらくして百頭ほどを率いる牛飼いが遠く
から近づいてきた。私は助けを求めた。
近くまで来たら彼はまだ少年だった。彼の力を
借りて、私のR50は2時間がかりで道路に出る
ことが出来た。それから牛を同じように率いる
もう一人の少年が来た。
私が水溜まりでバイクを素手で洗っていると、
彼らは自分の着ていた上着の裏地を破って、
それを使って水溜まりでバイクを洗うのに1時
間も手伝ってくれた。私は少年達に御礼をして、
予定より3時間遅れて再び西へ向かった。
写真の左の少年は、裏地を破り取った上着を
また普通に着込んで、私に飲みかけのジュー
スをくれた。
私は少年達の行為が嬉しくて溜まらなかった。
今の日本でこんな体験ができるだろうか・・・
ノボシビルスク駅   6月19日
 ノボシビルスクの最初のホテルでは断られた。
あまりにも私が汚かったからだ。泥による汚れ
を洗うところもブラシもない。ただ雨に打たれて
自然に泥が落ちるのを待つだけだ。
次のホテルではやっと入れてくれた。 
写真はそのホテルから写したノボシビルスクの
駅だ。今日は最高に疲れた。
ここまでの総移動距離は、出発して7,400km
になっていた。
写真の右側方向に私のR50を入れた駐車場が
あり、私は係員にジェスチャーで「私のバイクか
ら目を離さないで欲しい」と伝えた。