クスコにはインカ文明が残した沢山な石造りの遺跡が残っているが、これはその中でも有名な12角形の石塀だ。
驚くのは単に12角形と言うだけではなく、その角が90度にこだわらず周囲の石と精巧に組み合わさり、各合わせ面に
はカミソリの刃も入らないほど精密に組み合わされていることだ。そしてもっと驚くことは、場所によってはこれが正面
だけでなく、側面や上面も同じように多角形で組み合っており、だから数百年経過しても全く狂いやずれが生じていな
い。それはサクサイワマンの数十トンの巨石の石組みでも確認出来る。